MENU

BLOG

ブログ

2022.09.02

家族の命を守る耐震構造

お家にとって一番重要な要素はなんでしょうか??

豪華な設備? それともおしゃれな内装?

いえいえ、一番重要なのは「家族の命を守る耐震構造」です。

本日は木造最強と言っても過言ではない、

津波にも耐えたクレバリーホームの構造についてご説明します!

 

 

通し柱を通常の2~3倍使用

 

「通し柱」というのをご存知でしょうか。

建築基準法で木造住宅の隅柱として用いることを定められている、土台から軒までの一本柱のことです。

この通し柱は家の強度や耐震性のためにとても重要な建築部材。

構造上、最も重要な柱の一つと言えます。

クレバリーホームの家ではなんと、一般在来工法住宅の約2~3倍の通し柱を使っています。

それがSPG(ストロング・ポスト・グリッド)構造です。

1階、2階部分の連結が、一般的な木造住宅よりはるかに強固となります。

また地震や台風などの揺れや屋根にかかる荷重をスムーズに逃がして、高強度・高精度の木造住宅となるのです。

 

 

 

お家を面で支える「モノコック構造」

 

もう一つの特徴が、「モノコック構造」です。

面全体で支えてねじれを無くし、形状を維持する構造の事で、

モノコック構造はその強さから、自動車や航空機等、幅広い分野で応用されています。

ダンボールをイメージすると、モノコック構造の強さが分かりやすいですね。

厚紙の6面体でさえ、重たい荷物を運べるほど丈夫になるのは、モノコック構造がはたらいているから。

クレバリーホームの家も、モノコック構造を応用しており、

床、壁、天井の6面すべてを構造用耐力面材で構成し、一体化させています。

この、剛性の高い6面体構造が、地震や台風などの外力を建物全体でしっかりと受け止め、ねじれを防ぎます。

激しい揺れにも、建物全体が一体となって抵抗するため、優れた耐震性能が生まれ、

一般的な在来工法と比べ、外からの力に圧倒的に強いです。

 

 

まとめ~住宅建築では「構造」が大事~

災害や経年劣化に対して強く安全な家を建てたいのであれば、その家が「どんな構造なのか」をしっかりと理解することが大切。

ハウスメーカー選びに迷ったら、建てた後では取り替えのきかない、家の骨格とも言える「構造」を比較検討なさってみてください。

本当に質の高い、安全な家の姿が見えてくるはずです。

本日お伝えした構造は、「木造最強」クレバリーホームの特徴のほんの一部に過ぎません。

何か疑問がありましたら、お気軽にクレバリーホームへどうぞ。

丁寧に、誠実にお答えいたします。

 

 

【クレバリーホーム桑名店】
三重県桑名市新西方7-12
0120-187-908
9:30~18:30 水曜定休
Instagramで最新の施工事例・イベント情報公開中
「クレバリーホーム桑名店・四日市店」で検索

 

 

【クレバリーホーム四日市店】NEW(4/20~移転)
三重県四日市市日永西2丁目20-7
0120-322-908
9:30~18:30 水曜定休
Instagramで最新の施工事例・イベント情報公開中
「クレバリーホーム桑名店・四日市店」で検索

 

 

【クレバリーホーム豊川店】
愛知県豊川市八幡町上ノ蔵50-1(姫街道沿い)
0120-186-908
9:30~18:30 水曜定休
Instagramで最新の施工事例・イベント情報公開中
「クレバリーホーム豊川店」で検索

 

 

【クレバリーホーム稲沢店】
愛知県稲沢市下津北山1-8-10
0120-829-908
9:30~18:30 水曜定休
Instagramで最新の施工事例・イベント情報公開中
「クレバリーホーム稲沢店・各務原店」で検索

 

 

【各務原店】
岐阜県各務原市那加新加納町字稲荷2315-1 各務野ハイツ1F
0120-002-908
9:30~18:30 水曜定休 ≪※予約制≫
Instagramで最新の施工事例・イベント情報公開中
「クレバリーホーム稲沢店・各務原店」で検索

PAGE TOP